山梨県でホームページ/Webサイトの制作をしています。コンテンツを重要視した使いやすいホームページを提供します。
2013-06-13

コンテンツを隠すのはコンテンツです

この記事は2013年6月に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

「目立たせる」が「目立たせない」を作る

最近、楽天、YahooなどASP系ECサイトの案件を担当することが多いのですが、とにかくこの手のサイトの多くは商品ページやカテゴリーページ等にリンクする画像ボタンが大量に並ぶ傾向があるようです。

それは、何らかのコンテンツ(企画ページ、商品)を紹介したいというオーナーの希望なんでしょうが木を隠すなら森になっていないでしょうか?

サイトで何かを「目立たせる」ということは「他の何かを目立たなくさせる」と同意です。

TwitterやFBページでもちょっと話したのですが、せっかくなのでもう少しわかりやすく書いてみたいと思います。

twitter

例えばこんな感じ

真っ赤なパネルを1枚用します。

medatsupanel

これを目立たせたいコンテンツだと仮定します。

このパネルを、グレイのパネルの敷き詰められた中に置いてみます。
上から2番目、左から2番目です。

medatsu1

お!目立ちます。

 

ではグレイのパネルを、カラフルなパネルに変えてみます。

それから、先ほどと同じように赤いパネルを置いてみます。

上から2番目、左から2番目です。

medatsu2

ありゃま。あんまり目立たない。。。

 

まず優先順位を決めましょう

先ず「何故、目立つようにしたいのか」を考えましょう。

例えば、ECサイトならば短期的なコンテンツへ誘導するボタンはより目立ったほうが良いですよね。

・季節限定商品
・数量限定商品

・バーゲン、アウトレットセール

こんな感じですね。

これについても更に…

・売れてない商品を売れるようにしたい
・売れている商品をさらに売りたい

 

こういう考え方もできると思います。

どうあれ、サイトを眺めてみて下さい。

どの商品も売れてくれれば最高ですが、どの商品も売れなくなっているかも知れません。

関連記事