山梨県でホームページ/Webサイトの制作をしています。コンテンツを重要視した使いやすいホームページを提供します。
2020-11-09

若い人にとってSNSは暇つぶし

SNSの利用目的は暇つぶし

インターネットを商売にしているとSNSをどう活用すればいいのか?という相談をよくいただくし、自分でもそのことはよく考えている。

でもそのSNSを利用するの人たち、得に若い人にとってSNSは、暇つぶし、あるいは連絡用のツールとなっていることがほとんどだという。

まあ、そうだろう。だって自分もそうだから。

娯楽のすべてがポケットに

いつでも、どこでも。
スマートフォンがわれわれの隙間時間を埋めていきます。

若年層のSNS利用、男女差が現れたのはFacebookとInstagram。年代差が現れたのはTwitter【Quark tokyo調べ】
Web担当者Forum


Web担当者Forumの記事です。

https://Webtan.impress.co.jp/n/2020/11/06/38000

この引用は15歳~24歳の若い人のSNS利用についてのアンケートのブログです。

みんなYoutubeが大好き

利用頻度も利用時間もYoutubeが1位になっている。
Youtubeは動画コンテンツなので利用時間が長くなるのは理解できます。
4G以降、動画コンテンツ閲覧のストレスが一気に減ったのも、この伸びに影響を与えているんじゃないかと。

コミニュケーションツールとしての側面

これらのSNSには従来のEメールに代わるDM・チャット機能があります。
若者の多くはタイムラインへの投稿・閲覧だけでなくSNSをこういったコミニュケーションツールとして使うケースが増えてきていますので、SNSの利用頻度といっても大きくその目的は異なります。

これからはSNSの時代です

クライアントと話をするとき私もこれをよく言いますし、実際そう思っていますがあるペルソナにとってはSNSは単に暇つぶしの道具だったり、連絡手段に過ぎないということがわかります。

SNSは大きなパイです。
でも、そのパイに振り回されないように。

あなたのビジネスが、どんなサービスを誰に提供しているのか。
どのSNSが一番効果的なのか。

これからはSNSの時代です。これは間違いないとお思いますが、まずはSNSを知ることが必要です。

では。

関連記事