山梨県でホームページ/Webサイトの制作をしています。コンテンツを重要視した使いやすいホームページを提供します。
2009-10-01

コンテンツってなんだ?

この記事は2009年10月に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

コンテンツって言葉の意味を調べよう

コンテンツって言葉をよく聞くけど、じゃあ、そのコンテンツってな何なんだって話。
そんなわけで、とりあえずググッみたわけです。
以下wikipediaの引用です。

コンテンツ(contents、単数形content(コンテント))とは、あるものの「内容」(≒情報そのもの)のこと。
特に、メディアなど伝達するための手段によって提供される、娯楽や教養のために文字や音声、映像などを使用して創作する内容、もしくは創作物を指す。

どうですか?
簡単にいうと何かを伝えたりするために用意された内容のことは全部コンテンツといって良いみたいですね。
このブログの文章も、やっぱりコンテンツですね。

究極的にはコンテンツ

この仕事を始めてから、感じること。
『究極的にはコンテンツ』
やっぱりこれに尽きると思います。

インターネットの利用者はみんな何らかの目的を持っているはずです。

  • 新しくて面白い役立つ情報が欲しい
  • ショッピングを楽しみたい
  • オンラインゲームで遊びたい
  • チャットやSNSでコミュニケーションをはかりたい
  • ブログを書いて自分のことをPRしたい…etc.

…ざっくり挙げただけでも、こんな感じです。

ホームページをビジネスに活用したいのならやっぱり、ユーザーのもとめているコンテンツを持っていなくてはいけません。

キラーコンテンツを持とう

キラー(殺人者)とは、物騒な言葉ですね。
閲覧者を骨抜きにしてしまうコンテンツというような意味ですね。

何度もホームページに訪れたくなるような魅力あるコンテンツを継続的に提供することができれば、そのホームページは安泰です。

ではキラーコンテンツってどうやって作るの?

…ってことになるのでしょうが、これについては100個サイトがあれば100通りの解答が存在します。

ユーザーの層(性別、年齢、所得、インターネット・リテラシー等)やサイトの扱っているテーマといった条件が変われば、ユーザーの望んでいるコンテンツも変わってくるからです。

このブログを使ってそういったヒントや私の考えを発信していきたいとも思っています。

では。

関連記事