山梨県でホームページの制作をしています。コンテンツを重要視した使いやすいWebサイトを提供します。
2020-12-21

ミラーサイト?ペナルティを受けないように

サテライトサイトを作る場合の注意点

このブログでもWebサイト運営のテクニックの一つとして挙げているサテライトサイトの制作ですが、注意点があります。

ミラーサイト

ミラーサイトとは既存のWebサイトと全く同じコンテンツを持つ、複製されたWebサイトのこと。

Googleはミラーサイトを嫌います。

同じ発信者の作成する同じ内容のサイトが検索結果に存在するという現象は、ユーザにとって好ましいものではありません。
検索エンジンからたどり着いたWebページの内容が一字一句違わず以前見たWebページと同じなんてユーザーはがっかりしてしまいます。
Googleが検索結果に同じ内容のWebページが出ないようにするのもわかりますよね。

これはWebページ単位でも同じことが言えます。

2つのそっくりなページが存在する場合もやはり『ミラーコンテンツ』といって悪意のある複製ページと判断されてしまうというわけです。

サテライトサイトがミラーコンテンツになりやすいわけ

A社にはBという新商品があるとします。
A社の公式Webサイト以外に、そのBという商品専用のWebサイトを作るのがサテライトサイトです。

いくらサテライトサイトを作ったからと言ってもA社の公式Webサイトにも新商品Bの情報は掲載されてしまうことがあります。
思い切って完全に分離できてしまえば問題はないのでしょうが、こんな商品もありますって感じでA社の公式Webサイトに新商品Bについても掲載してしまうことけっこうありますよね。

意図しないミラーコンテンツ

公式ホームページ会社案内などの情報とともに新商品Bの情報もある。
サテライトサイト新商品Bの情報がたくさんある。

どちらのWebサイトにも新商品Bがある場合、それぞれのコンテンツが似すぎているとミラーコンテンツとして扱われることも!

noindexとnofollow

そんな場合は、HTMLのヘッダーにnoindexやnofollowを指定して悪意のあるミラーコンテンツ(Webページ)ではないことを伝えましょう。

noindex:Webページ内の情報をGoogleのデータベースに登録しないようにさせます。検索結果にはでなくなります。
nofollow:Webページのクローラーの巡回を拒否します。これでこのページからリンクでつながっているページから先を見に行くことはなくなります。

ミラーサイトとして認識させないようにするのであれば当該ページにnoindexの指定をすればいいわけです。

HTMLのhead内に以下のソースを記述します。

<meta name="robots" content="noindex">

ページのインデックス登録を Googleのみが実行できないようにするには以下です

<meta name="googlebot" content="noindex">

nofollowなら上記のnoindexのところをnofollowに変えるだけです。

ミラーコンテンツになってしまうページがある場合はこのソースを忘れずに。

ミラーコンテンツ対策についてでした。

では。

軟式野球チームを引退した息子。このところずーっと硬式野球のチームを探して様々なチームで練習体験を続けていた息子ですが、ようやくチームが決まりました。練習参加は年明けくらいかな?その辺もいつかブログで。。。。
関連記事