山梨県でホームページ/Webサイトの制作をしています。コンテンツを重要視した使いやすいホームページを提供します。
2009-12-10

Webページの読み込み時間がかかりすぎる

この記事は2009年12月に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

トップページのダウンロードが遅い

先日、お客様からこんな連絡を頂きました。

そこで、早速チェックしてみると、やっぱり遅い。

Webブラウザで表示するのに10秒~20秒はかかってる!

サーバ側のメンテナンスやら、共有サーバの別サイトの負荷が関係しているのかな?と思ったのですが、どうやらPHPスクリプトが怪しいみたい!

xml_perse関数が重いのかな?

このサイト、ブログ(フリーブログ)を沢山持っていて、折角だからとそれぞれのブログのXML情報をincludeしてトップページに表示してる。

でもこれが、問題だったみたいです。

その証拠に、このプログラムを外すと、サクッとダウンロードします。

サイトリリース時はこんなことは無かったのですが…

RSS配信されているXMLデータに問題があるのかよく分かりませんが、PHPでXMLデータを取得して、必要な情報を関数に代入、ソートして、HTMLを生成という一連の作業に時間がかかってるみたいです。

ファイルを生成してファイルを読み込み

取り急ぎ、PHPでXML情報を読み込んだら、ファイルを作成してそれを読む込みさせることにしました。

管理画面で、ブログRSS情報のリフレッシュ(更新)ボタンを押すことで読み込み用のファイルを作ります。

これでテンプレート化したブログ情報ファイルをincluude関数なんかで読み込むだけなのでダウンロードスピードは静的なサイトとほとんど変わりません。

検索結果がちょっと良くなった

この結果、検索結果がかなり良くなりました。

 具体的にどんな作用が発生したのかは分かりません。

 サーバサイドスクリプトの負荷が軽くなりボットのアクセスがスムースになったことが影響してるかもしれません。

SEOのためには、サーバサイドスクリプトの軽量化ももっと、気にしないといけませんね。

関連記事