山梨県でホームページ/Webサイトの制作をしています。コンテンツを重要視した使いやすいホームページを提供します。
2011-04-06

過去の記事は宝の山??

この記事は2011年4月に書かれたもので、内容が古い可能性がありますのでご注意ください。

記事を再生する

ブログのマスターへの道…
偉そうなことを言っていますww

さて、本題です。
ブログの記事を書き続けるのは大変です。
記事を書くのも行き詰まります。

…で、新しい記事なんか、無いかな~…と考えるわけですが、そう簡単に記事は出てきませんよね。

そこで…池田信夫さんのTwitterのつぶやきでこんなのがありました。

最近わかったが、ツイッターは流れていくので、
ある程度の繰り返しは必要なんだね。
重複して読む人には申し訳ないが。

引用すみません。

これがインターネットのサービスにおいては、言い得て妙なのです。

ブログでもおんなじで、記事は古くなり新しい記事に埋もれて陳腐化します。
しかし、陳腐化しない不朽のテーマも存在します。
そんな記事を使わない手はありません。

さらに、同じ内容の記事を書いてはいけないというルールは全くありません。 (当たり前ですがw)

しかも記事を書いているのは人間ですから、時間の経過によって考え方が変わったり、より深い分析が出来るようになったりするものです。

だから、全く同じ内容の記事でも、時間を経過した後に書きなおせば、少しずつ記事は変わります。

ものすごく面白くなったりすることもあるかも知れません。

埋没する記事を掘り起こせ

ブログは書けば書くほど過去の記事へアクセスしにくくなります。
新しい記事ほど記事が前に来るのですから当たり前です。

たとえ良記事でも、陳腐化して深い深い記事の海の底に行ってしまいます。

過去の自分の記事を掘り起こして現在の自分の考えや分析を追加して再度記事を作り出す。

難しいことのように感じるかも知れませんが、新しい記事を探すという行為に比べれば屁でもありません。

ネタを探しつかれたら自分の過去の記事を読んでみるといいかも知れません。

そのうち、具体的な例なんかも書けたらいいなと思います。
では。

池田 信夫 日本のアルファブロガー、経済学者 上武大学特任教授、SBI大学院大学客員教授、株式会社アゴラブックス代表取締役。元NHK職員。
ブログ
http://ikedanobuo.livedoor.biz/

関連記事